銀行借り換えローン不可で従来のローン継続なら裁判で不利

離婚時に銀行借り換えローンで名義変更も選択肢に

 

結婚し、住宅ローンを組んでマイホームを購入したものの、その後離婚となるケースは珍しくありません。この時最も揉めるのが住宅の扱いです。ローンの有無、不動産の価値、どちらかが住み続けるのか、売却するのか、などなど離婚時の状況によってとるべき選択が変わってくることもあります。
妻が専業主婦の場合、住宅もローンも夫名義になっていることが多いでしょう。しかしその場合でも妻に住宅に住み続ける権利がないわけではありません。婚姻期間中に築いた財産は、名義に関わらず夫婦のもの、というのが日本の考え方ですので、妻も夫と同じだけ住宅に関する権利を有しています。離婚する場合、住宅が婚姻前にどちらかが既に所有していたものでない限り、財産分与の対象となります。
住宅をどうするかには3つの選択肢があります。すなわち夫が住み続ける、妻が住み続ける、売却するの3つです。住宅ローンが残っている場合は離婚後どちらが払っていくかも決めなければなりません。合意ができればどのような形で決着しても良いですが、合意できなければ最終的には裁判で決めることになります。夫名義の住宅だが、銀行借り換えローンにて妻が払っていく、というような解決も当然可能です。

 

銀行借り換えローンが無理な場合は売却の検討を

 

住宅の財産分与について話を進める時は、まず住宅の現在の価値と、ローンの残高を知ることが先決です。現在の価値よりもローンの残高のほうが大きければ、理屈上は住宅には価値がないことになり、ローンだけが財産分与の対象となります。しかし仮に住宅が夫名義であり、夫が住み続けるのであれば、ローンもそのまま夫が払い続ける、というのが妥当な解決策でしょう。
逆に夫名義の住宅に妻が住み続ける場合、妻が残りのローンを払うのが一般的です。ローンは妻名義で銀行借り換えローンをし、住宅の名義も妻にすると良いでしょう。もしも妻の収入が少ないなどで、銀行借り換えローンが不可能な場合、夫名義の住宅ローンを継続したままで、妻が住宅ローン相当額を夫に毎月支払う、という方法もあります。住宅ローンを継続したまま名義変更をすることは通常できませんので、住宅の名義は夫名義のままになります。
しかしこの方法は、夫が同意した場合にのみ実現します。夫としては、妻が支払わなくなると自分が払わなければならなくなりますので、同意しない可能性が高いでしょう。銀行借り換えローンが無理な場合、住宅を売却してしまったほうがスッキリします。

ローンを継続するなら名義人が住むのが一番

名義もローンも夫名義の住宅に、離婚後も妻と子供が住み続け、名義は妻に変更し、ローンは夫に払い続けてもらいたい、と希望する女性は多くいます。夫に不貞行為などがあった場合によくみられます。ローンは背負わず、家は欲しい、というわけです。都合の良い希望ですが、慰謝料代わりにそのような主張が通ると思う人が少なくありません。
しかし離婚の慰謝料は、せいぜい200~300万円です。住宅の価値はそれ以上でしょう。とても慰謝料代わりとはいえませんし、贈与税がかかる可能性もあります。もちろん夫婦で合意すれば構いませんが、そのような場合、早く離婚したい夫が良い条件を提示しているだけで、離婚した途端に支払いを滞らせたり、自己破産したりという可能性が高いでしょう。銀行借り換えローンができない、つまり残りのローンを払うだけの資力がなければ、家に執着するべきではありません。
住宅ローンを継続するのであれば、ローンの名義人が住むのが一番です。支払いを滞らせれば、自分が住む家を失うのですから、支払わない可能性は低いでしょう。しかし離婚して他人となる人のためにローンを払い続けるようなお人好しはあまりいません。そのことを念頭に入れて結論を出すべきです。

財産分与では裁判で認められる主張を

話し合いで解決しないときは、調停、裁判で決着をつけることになります。調停は話し合いの場ですので、最終的に合意しなければ成立しませんが、裁判はどちらかが納得しなくても結論が出ます。そういう意味では、一番早い方法かもしれません。
財産分与の話し合いをする時は、最終的に裁判で認められる主張をするほうが賢明です。銀行借り換えローンが不可能な場合、妻は住宅を諦めるしかありません。銀行借り換えローンを認めるかどうかはあくまでも銀行の判断であり、裁判所が決めることではありません。
仮に可能であったとしても、裁判所が妻に銀行借り換えローンを命じることはありません。そうすると、従来の住宅ローンが継続することになります。仮に住宅ローンよりも住宅の価値が高ければ、プラスの部分を半分にして妻に支払えという判決が出ることはあるでしょう。妻にはその権利があります。しかしローンが継続している状態で、ローンの名義人に立ち退くよう命令することや、妻と子供のためにローンを継続して払い続けるよう命令することはありません。
司法は公平な場所であり、どちらか一方に著しく有利な判決を出すことはありません。相手にローンを継続してもらい、自分が住みたい、という場合、あくまでもお願いをするしかなく、代わりに対価を支払う必要も出てくるでしょう。

銀行での借り換え・おまとめ検討中の方はコチラ おまとめローン審査ガイド【労金や銀行で無駄なくまとめる】

映画にハマっています

ここ最近、休みの日毎に映画を観に行っています。
私がいつも利用している映画館では6本映画を観ると、1本無料で観れると言うサービスがあるのですが、既にこのサービスを2,3回は利用しました。
つまり、20回かそこらは映画を観たと言う事ですが、これほどにまでに連続して映画を見続けたのは、私の人生では今回が初めてです。
所で、映画館を連続で利用していると、見えてくる物があります。
例えば、放映される映画のジャンルによってお客さんの様相が変わって来るとか、あるいはこの映画、あんまり人気がないのだなと思ったりなどです。
とくに後者の場合、世間の感覚と自分の感覚のずれを意識させられます。
この様に映画本編のみならず、観ると言う行為自体にも面白さがあるのだなと気付かされる今日この頃です。

話は変わりますが気づいたと言えば、プロミスの無人契約機利用しなくてもキャッシングができんるんですね。

プロミスを使った体験談

私は家電が故障してしまったり、遠方まで行かなくてはならない予定が運悪く重なってしまってたりと、途方に暮れていた時にプロミスに助けられました。 お金に困ってしまった時に、自分ひとりで辛い状況を打破するための手段としてはキャッシングが挙げられます。 家族や友人に借りるといったことが難しい場面もありますし、借りれたとしても迷惑や心労を与えてしまうことに繋がってしまいます。 自分だけで気兼ねなくお金を工面したかった私は、消費者金融のプロミスを活用しました。 プロミスは消費者金融の中でも非常に大手のサービスです。 よくTVでコマーシャルを見かけることもありますし、街を歩いていると黄色と黒の看板が目に付くことがありました。 プロミスを使う前から存在を知っていたので、安心してお申込みをおこなうことが出来ました。 知名度が抜群のプロミスは、消費者金融の中でも最大級の規模なので、サービスも充実しているように感じられました。

銀行でお金を借りるなら横浜銀行カードローンが低金利でオススメですよ

 

イオンカードは機能がお得

近くにイオンがあったなら、イオンカードを作らないと絶対損します。我が家は、イオンカードを作ってからは、生活の中心はイオン中心で徹底しています。アベノミクス効果で、これからはますます円安ドル高の時代が続くと思います。そうなると資源を持たない国である日本の物価は、まだまだ上がると思います。
庶民の味方であるイオンカードはこれからますます必要となると思います。

イオンカードには、現在おおまかに分けて、クレジットカード機能のみとワオン機能の付いたクレジットカードの2種類があります。クレジットカードを使うと200円に1ポイントがときめきポイントとして貯まり、ポイントでいろいろなものと交換できます。

ワオン機能の付いたクレジットカードは最近新たに販売されたカードです。このカードの特長は、ポイントをワオンに変えることができますので、ポイントを現金として使うことができます。自由度からいったら、ワオン機能の付いたクレジットカードの方がいいと思います。

これだけであれば、他のカードとあまり違いはありませんが、別の特典があります。
毎月20日と30日は、お客様感謝デーで、ほとんどの商品が5%引きになります。その他にもインパクトは弱いですが、Wポイントデーやお客様デーなどがあります。
また、不定期でイオンワンデーパスというはがきが、送られてきて、指定された日は5%引きという特典もあります。

このようにイオンカードを作ると本当に家計の足しになります。
最後にもっと得する方法を紹介します。それはイオンの100株株主になることです。そうなるとオーナーズカードというものが。送られてきて、さらに3%も引かれるという無敵のカードです。